抗酸化作用

セサミンでアンチエイジング

誰もが避けては通れないのは、年齢とともに健康においても美容においても進んでいく衰えで、いわゆる「老化」といわれるものです。
近年になって、この「老化」のメカニズムが科学的に解明されてきました。
それによると、老化の最大の原因になっているのは「活性酸素」という物質です。

本来は、体の内部をウイルスや細菌などの外敵から守る役割を持っているものですが、これが増えすぎると、外敵だけではなく体の細胞までも攻撃するようになってしまいます。
これが、老化の直接的な原因になるのです。
こうした人間を老化させる活性酸素の働きを抑制することが出来る物質を「抗酸化物質」といい、その代表的なものがセサミンなのです。

セサミンは強力な抗酸化作用をもち、老化防止や老化改善に大きな効果を発揮する物質です。
また、セサミンは、抗酸化作用の他にも悪玉コレステロールが増えるのを防ぐ働きもあります。
これによって血中コレステロールの値を正常に維持し、血液をきれいにして動脈硬化などの疾患を予防してくれます。

また、内臓機能の低下を防ぎ正常にしてくれます。
さらに、セサミンは女性ホルモンと似たような働きもあり、それを摂取することで乱れがちなホルモンバランスを整えていくことができると言われています。
セサミンにはこうした働きがあることから、アンチエイジング効果を期待できるのです。

このページの先頭へ