抗酸化作用

セサミンはアルコールの分解を助ける

口から入った後、胃で20%そして小腸で80%が吸収されたアルコールは血液に入り、約1分で全身をめぐってから肝臓に運ばれて分解が始まります。
肝臓に運ばれたアルコールは、アルコール脱水素酵素・アセトアルデヒド脱水素酵素・アセチル合成酵素の働きによってアルコールからアセトアルデヒドそして酢酸へと分解され、その後、水と二酸化炭素にまで分解されます。
最終的には二酸化炭素は吐く息として、水は尿として体外に排泄されるのです。

その為肝臓を通っただけで分解される、という事にはなりません。
分解されずに残ったものは、再び肝臓に運ばれてきます。
何回か肝臓を通る度に少しずつ分解されて、最終的には血液から消えます。

こうした肝臓での分解が十分にすすまないと血中アルコール濃度を下げることができず、二日酔いを発症してします。
アルコールは肝臓で分解されるのですから、肝臓の機能やアセトアルデヒド脱水素酵素を強化・活性化してアルコールを短時間で分解することができれば、二日酔いになることはありません。
肝臓の機能もアルコールの分解力も、何のケアーもしなければ年齢とともに衰えてしまいます。

この肝臓の機能を回復させアセトアルデヒドの分解力を高める働きをできるのがセサミンなのです。
セサミンは他の抗酸化物質と大きく異なり、胃酸などで死滅することなく肝臓まで直接届き、アセトアルデヒドを分解する肝臓の機能を強めてくれます。

このページの先頭へ