抗酸化作用

がん細胞の増殖を防ぐセサミン

ガンは、正常な細胞があるきっかけによって変異し、ガン細胞に増殖することで発症すると言われています。
ガン細胞を作り出してしまう原因やきっかけは、ストレスや乱れた生活習慣、栄養の偏りや不足、タバコなどに含まれる「発がん性物質」などさまざまですが、近年は、活性酸素の増加が最大の原因と考えられます。
人の身体には、もともと免疫システムが備わっていますから、過剰な活性酸素でなければ除去することが可能です。

しかし、活性酸素の量が増えすぎると活性酸素が健康な細胞を攻撃してしまい、免疫システムを弱め細胞は傷つけて正常な細胞をガン細胞へと変異させる可能性が高まります。
しかも、発がん性物質は大量の活性酸素を生み出すという特徴がありますので、急激に活性酸素やガン細胞が増殖してしまうのです。
このような活性酸素やガン細胞の増殖を防ぐ成分として注目されているのが、セサミンなのです。

セサミンには、科学的にも証明されている強力な抗酸化作用や活性酸素を除去する効果があります。
この抗酸化作用によりガンの原因となる活性酸素を除去することで細胞を活性化活性化し、細胞の変異やガン細胞の増殖を抑制することが出来ます。
また、悪玉コレステロール生成を抑制する作用があり、ガンなどの疾病を予防する効果がありますし、肝臓への負担を軽減させる働きによて肝機能と免疫システムを回復しますから、ガンなどの疾病を予防できるのです。

このページの先頭へ