抗酸化作用

セサミンを過剰摂取すると副作用が出る?

セサミンについて、目立った副作用は報告されていません。
特に、ゴマ粒であれ練ゴマやすりゴマであれ、ゴマ油を使った食事を摂るのとほとんど同じと考えても問題はなさそうです。
しかし、さまざまなアレルギーを持った人がいますから、ゴマアレルギーの人やゴマを摂取して蕁麻疹の経験のある方は、医師に相談することをおすすめします。

副作用については問題ないのですが、セサミンをサプリメントではなくゴマそのものから摂取する上で注意しなければならないことがあります。
せっかく肝臓ですばらしい働きをしてくれるセサミンを摂っても、高カロリーや栄養過多(特に油脂)になっては意味がありません。
セサミンの一日に摂取目安は10mgです。

これをゴマで摂取するためには、3000粒を超えるゴマを摂らなければなりません。
これは、小さじでおよそ30杯分に相当する量ですから、これだけのセサミンをゴマ料理で摂取するとなると、驚くほど多くの食材と高カロリーを摂取せざるを得なくなってしまいます。
特にゴマには肉類のおよそ2倍もの脂肪分が含まれていますから、油脂の過剰摂取になり、コレステロールやカロリー過多が問題になってしまいます。
セサミンには副作用の心配はありませんから、サプリメントで手軽に摂取するのが効率的と言えるでしょう。

このページの先頭へ