抗酸化作用

セサミンと活性酸素の関係

人は食べ物から栄養分を摂り、酸素を使ってこれを活動エネルギーに変えています。
このとき発生するのが「活性酸素」で、燃焼
した酸素の2%ほどが副産物として活性酸素に変わります。

活性酸素には強い消毒・殺菌力があり、通常、体内の細菌やウイルスを取り除く働きをしますし、必要な量以外は体内の酵素で分解されて無害になるのですが、活性酸素が過剰に発生すると弊害がおこります。
体の正常な細胞まで傷つけ、やがて細胞を死に追いやってしまいます。
活性酸素は、多すぎると正常な細胞を酸化して「サビ」た状態にするのです。

これが血液の酸化につながったり細胞をがん化させたりします。
また、体や肌の老化に拍車をかける要因にもなるのです。
セサミンには強い抗酸化作用があり活性酸素を退治しますので、体の老化や生活習慣病を予防できます。

肝臓に正常な量の活性酸素があるときは、体内に有害なものが入ってきても食い止める力があります。
しかし、活性酸素が過剰分泌されてしまったときは、正常な細胞を酸化させて体にさまざまな障害を与えるようになります。
そのときに、抗酸化作用によって活性酸素の発生を抑制・排除するとともに細胞の酸化を防ぎ、活性酸素が体に害を与えないように働くのがセサミンです。

このページの先頭へ