抗酸化作用

セサミン+DHA・EPAで血液サラサラに

セサミンは、その強力な抗酸化作用で血管を健康に保ち、コレステロールの減少、血液循環を改善、血栓を予防、動脈硬化の予防や改善するなどの働きがあります。
一方、DHA・EPAは、北極圏に暮らすイヌイットに動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病などに罹る率が低いことの研究から明らかになった、アザラシや魚の脂肪に多く含まれる血液浄化力の高い「必須脂肪酸」と呼ばれる健康成分です。
両方とも血管、血液を正常な状態に保ち体の健康維持に欠かせない成分で、血液中のコレステロールを調整することによって中性脂肪を減らしてくれる効果があります。

そのことで、高血圧を軽減したり、高脂血症を軽減したりする効果があるのです。
DHA・EPAは体内で合成できないため、食事やサプリメントから摂取しなければなりません。
しかし、DHAとEPAには弱点があります。

それは、酸化しやすい(劣化しやすい)成分であるということです。
酸化してしまったのでは、必須脂肪酸として血液をサラサラにする働きは期待できません。
そこで考えられたのが、抗酸化作用をもつセサミンとDHA・EPAを同時に摂取することです。
セサミンであれば強力な抗酸化作用でDHA・EPAを酸化から守る事ができますし、優れた血管強化・血流正常化などのパワーの発揮が期待できます。
さらに、セサミンには吸収力を高める効果もありますから、DHAやEPAの栄養分を体内で吸収しやすくするためには、セサミンの同時摂取は効果的です。

このページの先頭へ