抗酸化作用

セサミン+ビタミンEで相乗効果を発揮!

ビタミンEもセサミンも、体内で過剰に発生した活性酸素を減らしたり取り除いたりすることによって体の中を錆付かせない(酸化を抑える)ようにし、生活習慣病の予防や老化を抑える抗酸化作用があります。
両方とも同じ作用を持っているのですが、効果を発揮する場所と活躍する場所に違いがあります。
このことから、セサミンとビタミンEを一緒に摂取することで、体全体への相乗効果が期待できるのです。

ビタミンE水溶性であることから、活躍の場は主に血管です。
血液中の悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化されると、それが血管の内壁に付着して動脈硬化を引き起こします。
ビタミンEは、この酸化を防いで血行を良くするとともに血管を健康に保ちます。

このことで、動脈硬化が引き金になる脳卒中や心筋梗塞を予防する効果があるのです。
一方、セサミンの活躍の場は、主に内臓(特に肝臓)です。
肝臓は、体の中で一番大量の活性酸素が発生します。
もともと、肝臓内では活性酸素を退治する特殊な酵素が作られていますが、年齢とともにその量が減少するので、それを補うためにセサミンのような強力な抗酸化作用を持つ栄養素が必要なのです。
ビタミンEは血管、セサミンは肝臓を中心に内臓で抗酸化作用を発揮して、体全体の酸化を防ぎます。

このページの先頭へ